べにふうき茶で花粉対策


最近はいろいろな健康茶が販売されていますが、花粉症の人におすすめできるお茶はべにふうき茶です。べにふうき茶は紅茶を緑茶に加工したお茶で、メチル化カテキンの含有量が大変豊富であることが大きな特徴です。メチル化カテキンには抗アレルギー作用があり、花粉症などのアレルギー症状対策として話題をよんでいます。

べにふうき茶は微粉末タイプのお茶ですので、べにふうき茶に含まれている高濃度のメチル化カテキンを全て丸ごと摂取することができます。ティーパックタイプのお茶だと全てのカテキンを摂取することはできないので、微粉末タイプの方がより多くのメチル化カテキンを摂取することが可能です。微粉末タイプのお茶のメリットは、飲料としてだけでなく、料理にも使用することができますし、ケーキの材料に加えることもできます。

焼酎との相性もいいので、焼酎のお茶割としても飲むことができます。アイデア次第でいろいろな用途に使用することができ、手軽に花粉症の予防ができます。べにふうき茶は健康雑誌などで紹介されており、口コミで人気が拡がっています。日本には花粉症で悩んでいる人がとても多いので、花粉症で悩んでいる人がべにふうき茶を購入することが多いです。べにふうき茶は花粉症以外のアレルギー症状にも注目され、アトピー性皮膚炎や食物アレルギーで悩んでいる人からも人気を集めています。

べにふうき茶は健康茶ですので副作用の心配は全くありません。子供からお年寄りまで飲むことができ、健康に役立てることができます。注意点としては、カテキンに対してアレルギー反応が出る人は摂取することができません。1日に4杯から5杯程度飲むのが理想的な摂取量です。購入方法は、メーカー直販の通販サイトから注文することができ、電話やファックス、Eメールでも注文することができます。
メルマガに登録するとメーカーからの最新情報を入手することができますので、メルマガに登録することをおすすめします。