稲刈り時期の 花粉症


稲刈り時期の 花粉症

秋になると水田地帯では 稲刈りが始まります。
稲刈り時期の 花粉症がある場合、刈り取ったイネワラの粉、モミガラ、脱穀のときの粉塵、
ワラを燃やした煙でもアレルギー(とくに気管支喘息発作)を起します。
イネ科の花粉は冬場の花粉より風媒花ですので花粉自体が軽く、長い間漂い舞います。花粉に限らず 稲刈り時期はコンバインで細かくなった稲藁が空中に漂い 花粉症と同じ症状になる人もいます。
吸い込まない、触らないように対策が必要です。

稲刈り時期の 花粉症は、春の 花粉症と同様に、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみが代表的な症状です。

基本的な花粉の対策

・寝不足は、花粉症を悪化させます。
・朝起きた時は、特に酷かったりしますがティッシュではなく洗面所で鼻水を
しっかりと出してしまうと暫く治まります。
・食事も、過食には注意が必要のようです。
・よく言われる、肉、卵、牛乳にも過敏な方には注意が必要と言われます。
・花粉情報をチェックし飛散量の多い時は外出を極力避ける。
・外出する場合は当然、不織布のマスク、眼鏡等、花粉対策グッズを活用しまし ょう。
・天気予報にも注意して雨の翌日は要注意です。

稲刈り時期の 花粉にも自然に対峙したいと考えるとするなら、このような当たり前の習慣にも充分配慮することも大切です。

稲刈り時期の 花粉症 対策 お茶

毎年、いろいろ話題になるお茶があります。
杉茶(スギ茶)、凍頂ウーロン、甜茶(テンチャ)など。
稲刈り時期の 花粉症の方に最近話題なのが、べにふうき緑茶。
べにふうき緑茶には、メチル化カテキンという成分が多く含有されおり、このメチル化カテキンが、稲刈り時期の 花粉症大変話題を集めています。
稲刈り時期の 花粉症対策として注目になる理由の、もう一つは自然な緑茶。
美味しく飲める お茶だということですね。
薬ではありませんので、花粉症の大人から子供まで安心してお飲みいただけます。
稲刈りの時期も 自然なお茶を試してみるのも良いですね

べにふうき茶とは
商品を詳しく見る